Home > こわさ・引き裂き > こわさ > No.342 クラーク形柔軟度試験機

No.342、クラークこわさ試験機クラーク式ステフネステスター、クラーク形試験機

No.342 クラーク形柔軟度試験機

No.342 クラーク形柔軟度試験機
  • No.342 クラーク形柔軟度試験機

JIS-(L1018)、L1096、P8143、TAPPI-(T451)

■No.342 クラーク形柔軟度試験機
クラーク法により、紙、プラスチックフィルム、織物等のこわさ(剛軟度)を評価するための試験機(クラークこわさ試験機クラーク式ステフネステスター、クラーク形試験機)です。
試験片を2本のロールに挟み、ハンドルを回して毎分1.0±0.1回転の速度で左右に規定の角度(織物は90±2°、紙は88~95°)回転させたときに、自重によって倒れる試験片の張り出し長さ(臨界長さ)を測定します。測定した張り出し長さからクラークこわさを算出します。

仕様

仕様は予告なく変更することがあります。
[試験片]
紙: 幅 15 ~ 50 mm(標準 30 mm)、長さ 75 mm以上
織物: 幅 20 mm、長さ 150 ~ 200 mm
[ロール]
直径 φ29.0 ± 1.0 mm
[角度目盛]
左右 0 ~ 90°(目盛 1°)
[つかみ回転速度]
1.0 ± 0.1 rpm(手動式)
[機体寸法・重量]
約 W250 × D200 × H260 mm・約 3 kg

INFORMATION

電話からのお問い合わせ

営業時間 10:00 ~ 17:00 [土日祝除く]

本社
078-907-1511(代)
078-907-1522(FAX)
東京営業所
03-3579-8995(代)
03-3579-8997(FAX)

Webからのお問い合わせ

資料請求・各種お問い合わせをご希望の方は
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム