Home > 摩耗・摩擦 > 摩耗 > キャブタイヤケーブル摩耗試験機

No.127、摩耗試験装置

No.127 キャブタイヤケーブル摩耗試験機

No.127 キャブタイヤケーブル摩耗試験機
  • No.127 キャブタイヤケーブル摩耗試験機

JIS-C3005

■No.127 キャブタイヤケーブル摩耗試験機
ゴムまたはプラスチック材料で絶縁またはシースを施した電線の摩耗試験を行う試験機(摩耗試験装置)です。
完成品から切り出した試料の一端を摩耗円板の中心から約300mm上方に位置するチャック(支持具)に固定し、他端に規定のおもりを吊して摩耗円板に接触させます。摩耗円板を毎分60回の速さで回転させて試料を摩耗させ、規定の回転数まで摩耗させたとき、被覆物が摩耗して内部の絶縁体が現れるかを調べます。

仕様

仕様は予告なく変更することがあります。
[摩耗円板]
直径 φ350 mm、幅 50 mm
材質: 炭化けい素
粒度: #36
[円板回転速度]
60 rpm
[おもり]
初荷重 1 kg ~ Max. 10 kg
[カウンター]
6桁(プリセット式)
[電源]
AC 100 V、単相、10 A、50/60 Hz
[機体寸法・重量]
約 W630 × D450 × H900 mm・約 70 kg

INFORMATION

電話からのお問い合わせ

営業時間 10:00 ~ 17:30 [土日祝除く]

本社
078-907-1511(代)
078-907-1522(FAX)
東京営業所
03-3579-8995(代)
03-3579-8997(FAX)

Webからのお問い合わせ

資料請求・各種お問い合わせをご希望の方は
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム