Home > 摩耗・摩擦 > 摩擦係数 > 5連式スリップテスター

No.162-S5、滑り傾斜角測定装置、摩擦測定機、摩擦角測定機

No.162-S5 5連式スリップテスター

No.162-S5 5連式スリップテスター
  • No.162-S5 5連式スリップテスター

JIS-P8147、ASTM-D1894、D3248、TAPPI-(T503)、(T542)、T815

■No.162-S5 5連式スリップテスター
傾斜法により、プラスチックフィルム、紙等の試験片が滑り始める傾斜角(静摩擦係数)を測定する試験機(滑り傾斜角測定装置、摩擦測定機、摩擦角測定機)です。最大で一度に5ヶの試験片を試験することが可能で、タッチパネルでは試験を行った5ヶの平均値を算出し、プリントアウトすることも可能です。
傾斜角をゼロにした状態で、傾斜板に取り付けた試験片と重りに取り付けた試験片を密着させます。傾斜板を一定速度で傾斜させ、重りを取り付けた試験片が滑り出し始めたときの角度の正接(tanθ)を計算し、静摩擦係数とします。

仕様

仕様は予告なく変更することがあります。
[おもり]
幅 41 mm、長さ 26 mm、質量 150 g・・・ 5個
[傾斜板]
幅 320 mm、有効長さ 325 mm
[傾斜角度]
0 ~ 70°(分解能 0.1°)
[傾斜速度]
1°/s
[戻り速度]
3°/s、自動戻り機構
[電源]
AC 100 V、単相、10 A、50/60 Hz
[機体寸法・重量]
約 W550 × D600 × H320 mm・約 50 kg

INFORMATION

電話からのお問い合わせ

営業時間 10:00 ~ 17:30 [土日祝除く]

本社
078-907-1511(代)
078-907-1522(FAX)
東京営業所
03-3579-8995(代)
03-3579-8997(FAX)

Webからのお問い合わせ

資料請求・各種お問い合わせをご希望の方は
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム