Home > 物理的性質 > へこみ > 残留へこみ試験機

No.184-B、へこみ試験機

No.184-B 残留へこみ試験機

No.184-B 残留へこみ試験機
  • No.184-B 残留へこみ試験機

JIS-A1454、A5705

■No.184-B 残留へこみ試験機
床材の残留へこみ試験を行うための試験機です。
まず試験前に試験片の厚さを読み取り、厚さを測定した位置に直径4.5mmの先端が平坦な鋼棒の上から356Nの荷重を10分間加えます(残留へこみ試験A法)。荷重を取り去ってから60分後に再度厚さを読み取り、試験前後の厚さから残留へこみ量を算出します。
先端が半球状の直径19mmの鋼棒を使う場合(残留へこみ試験B法)、222Nの荷重を5分間かけて、荷重を取り去ってから60分後の厚さを測定します。

仕様

仕様は予告なく変更することがあります。
[荷重]
356 N、222 N
[加圧子]
標準: フラット状、直径 φ4.5 mm
発泡材料: 半球状、直径 φ19 mm
[ダイヤルゲージ]
目盛 1/100 mm、ストローク Max. 10 mm
[オプション]
荷重除重装置、タイマー
[機体寸法・重量]
約 W350 × D350 × H800 mm・約 65 kg

同じカテゴリーの商品

INFORMATION

電話からのお問い合わせ

営業時間 10:00 ~ 17:30 [土日祝除く]

本社
078-907-1511(代)
078-907-1522(FAX)
東京営業所
03-3579-8995(代)
03-3579-8997(FAX)

Webからのお問い合わせ

資料請求・各種お問い合わせをご希望の方は
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム