Home > 熱的性質 > 低温特性

「低温特性」カテゴリーの製品 6件中/1-6件目を表示

No.121 脆化温度試験機

No.121、脆化温度試験

No.121 脆化温度試験機

材料別:

プラスチック,ゴム,電線・コード

プラスチック、ゴム材料に低温条件下で片持ちばりによる衝撃曲げを与える試験機です。低温条件はドライアイスを用いて作り出します。絶縁電線の耐寒試験にも用いられます。

No.121-AUTO 脆化温度試験機(全自動)
ピックアップ

No.121-AUTO、脆化温度試験

No.121-AUTO 脆化温度試験機(全自動)

材料別:

プラスチック,ゴム,電線・コード

ロボット機構により、低温衝撃ぜい化試験(ぜい化温度試験)工程を完全自動化した脆化温度試験機です。低温条件は冷凍機を用いて作ります。カセットに試験片つかみ具(試験片ホルダー、試料ホルダー)をセットすることで最大40回の試験を連続で行えます。

No.121-R 脆化温度試験機(冷凍機付)

No.121-R、脆化温度試験

No.121-R 脆化温度試験機(冷凍機付)

材料別:

プラスチック,ゴム,電線・コード

プラスチック、ゴム材料に低温条件下で片持ちばりによる衝撃曲げを与える試験機(脆化温度試験機)です。低温条件は冷凍機を用いて自動で作り出します。絶縁電線の耐寒試験にも用いられます。

No.121-RA 脆化温度試験機(冷凍機付、ホルダー自動回転)

No.121-RA、脆化温度試験

No.121-RA 脆化温度試験機(冷凍機付、ホルダー自動回転)

材料別:

プラスチック,ゴム,電線・コード

試験片を固定する試験片つかみ具(試験片ホルダー、試料ホルダー)に単座式ではなくロータリー式ホルダーを採用した脆化温度試験機です。低温条件は冷凍機を用いて自動で作り出します。ロータリーホルダーを採用しているため最大4回連続で試験可能で、タッチパネルから4回分の試験条件(試験温度、浸せき時間)を設定することも可能です。

No.145-L 低温弾性回復試験機(TRテスター)

No.145-L、TR試験機、TRテスター

No.145-L 低温弾性回復試験機(TRテスター)

材料別:

プラスチック,ゴム

加硫ゴム及び熱可塑性ゴムの低温弾性回復を測定するための試験機(TR試験機)です。

No.145-G ゲーマンねじり試験機

No.145-G、低温ねじり試験、ゲーマンねじり試験、ゲーマンステフネステスター

No.145-G ゲーマンねじり試験機

材料別:

プラスチック,ゴム

加硫ゴム及び熱可塑性ゴムのねじり剛性を求めるために、低温ねじり試験(ゲーマンねじり試験)を行う試験機(ゲーマンステフネステスター)です。

INFORMATION

電話からのお問い合わせ

営業時間 10:00 ~ 17:30 [土日祝除く]

本社
078-907-1511(代)
078-907-1522(FAX)
東京営業所
03-3579-8995(代)
03-3579-8997(FAX)

Webからのお問い合わせ

資料請求・各種お問い合わせをご希望の方は
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム